デザイン能を鍛えるレッスン【ピンワーク】

レッスン風景

ラポリンでは、偶然の場合を除いて、
生徒さんが同じ作品を完成させるということがありません。

いつも生徒さんそれぞれの作品が出来上がります。
それは、「デザイン能を鍛えるレッスン」をポリシーにしているからなんですが、
放任主義っていうわけではないですからねー

「デザイン能を鍛えるレッスン」って何さ?

本日の課題:正確なピンワークと丸小ビーズ

今日の中級コースのレッスンは
「正確なピンワーク」
が必要不可欠の作品を作っていただきます。

中級以上の方のアクセサリー制作の永遠のテーマ「ピンワーク」。
綺麗なピンワークには絶対気をつけるべき3つのポイントがあります。

私は毎レッスンしつこく、3つのポイントについて
目を光らせていますよ(笑)

さて、今日のレッスンの制作条件です。

① 大枠となるレシピに沿ってピンワーク作品を作る
② 指定されたビーズ(丸小&ドロップ)を使う

ビーズの色、個数は
すべて生徒さんご自身に選んでいただき、デザインしてもらいます。

一番時間がかかる「ビーズの色合わせ」

今回の肝は「丸小ビーズ」です。
皆さん「ビーズの色合わせ」には、ものすごく時間をかけて
悩んでいらっしゃいました。

制作時間より長くかかってしまう「デザイン&ビーズの色合わせ時間」。
でもここが、本物の「アクセサリー制作の実力」に直結していきます。

制作スタート

今回の中級レッスンのサンプル作品はこちらです。
これは、形が綺麗に揃っている日本製の丸小ビーズと
正確なピンワークにより生まれる
美しい曲線と揺れなんですね。

もう一つの中級用サンプル作品はこちら。
これも正確なピンワークができてこその
美しい半円形になる作品です。

初級の方は交差編みを、中級の方はピンワークを
真剣に取り組んでいます。
どちらもとっても重要なスキル。
皆さん真剣そのもの。

オリジナリティあふれる完成作品たち!

中級コースの方の作品。
丸小ビーズの個数とピンの長さを綿密に計算して仕上げます。
素適ですよね~~~!!
すでに販売できるレベルです。

半円ではなく円に仕上げた作品です(左)

こちらの生徒さんは半円で。
オレンジの輪切りみたいな個性的で素敵な作品に!

オレンジの輪切りが耳にフィットするようなデザインが
斬新で大人可愛いですよね~

皆さんがんばりましたね。
お疲れさまでした!

デザイン能を鍛えるメリット

ラポリンアクセサリー教室の目標はただ一つ。
「最終的には生徒さん全員が
自分でアクセサリーをデザイン・制作できるようになること。」

自分でアレンジするトレーニングを
早くからレッスンに取り入れることにより、
「身につける人に合わせてアクセサリーをカスタマイズする」
という大切なスキル=デザイン能が身についていくんですね。

講師から与えられるレシピとビーズで作るだけでは、
「色やデザインについて自分で考える」
感覚がいつまでたっても身につきませんから。

LINE友だち追加で「交差編みリング」のレシピをプレゼント!

友だち追加

ご質問やリクエストは、公式LINEより直接メッセージくださいね。
ご感想をいただけると、励みになって嬉しいです♡

1dayレッスンのお誘いやイベントのお知らせも
公式LINEで行っております。

良かったらつながってくださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

それではまた~

うえもりみほ

コメント